過疎地の学校統廃合

過疎地の学校統廃合について

過疎地の学校の統廃合について

現代の日本は過疎化が進んで行く事により子供の数が減って行く事は止まりません。その為に若い人が残りにくい過疎地の小・中学校を統廃合されて行く場合が多くなっています。では統廃合するメリットはどう言う事にあるのでしょうか。大幅な人件費の削減が出来ます。その際、先生たちは統合先で有ったり別の学校で働くようになります。無職になることはございません。そして少なかった教室に沢山の生徒が入る事になり、卒業までずっと1クラスで窮屈な思いをした子もクラス替えの機会を得ます。何より、子供たちはより多くの友達を作る機会も持てるはずです。

少子化によって進む学校の統廃合

少子高齢化社会になった今、その影響は各分野に及び始めています。子供の数が減るという事は、それだけ社会の活力が低下する事を意味します。また子供に関わる産業や分野は疲弊し、徐々にサービスや施設が縮小していきます。例えば、分かりやすい事例として挙げられるのが、公立学校の統廃合です。コンビニではありませんが、学校もまた利用する生徒がいてこそ意味がある施設、少子化によって通学する生徒が減ってきた地域の施設は廃止され、隣町の施設に統合されます。残念ながら、日本の少子化傾向は留まる雰囲気が無く、今後数十年にわたり続くと見られています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校統廃合の基準について All rights reserved